キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 法務の求人の活発化 : 法務求人ハートフルナビ
法務求人ハートフルナビメイン画像
パワハラような不祥事がニュースになった時に求人が活発化する
法務の求人の活発化

大企業から中小企業まで、自社のコンプライアンスマニュアルの重要性が認識されてきています。

自社オリジナルのコンプライアンスマニュアルを作るのは難しいからもしれませんが、就業規則の見直しによって、就業規則内にコンプライアンス項目を盛り込むことなどで、コンプライアンス対策強化が可能です。

就業規則に服務規律・機密保持・セクハラ・パワハラ・競業避止などの条項を盛り込むことができます。

先日、女子柔道の選手が指導陣をパワハラで追求したのはご存知の通りです。

どんな組織でもコンプライアンス体制を定着させる以外に、組織改革はありえないのです。

そして、一度問題が顕在化してしまうと、スキャンダルとして組織の存続に関わるほどのダメージを受けてしまうのです。

しっかりとした啓蒙活動が出来ていればと考えても後の祭りなのです。

企業の法務部から法務スタッフの求人が活発化するのは、柔道のような不祥事がニュースになった時です。

社内で業務相互チェック体制や不祥事発生時の対応策がルール化、内部告発者を保護する規定がないと問題はどんどん拡大するからです。

社内コンプライアンス室のスタッフの求人はこれかも増え続けるでしょう。

Copyright 法務求人ハートフルナビ All Rights Reserved.